ゆとりの奮闘記

世界一周したいなと思ったのでそれにまつわる色々と特に世界一周には関係ない色々も残していきます。

世界一周しない理由を自問自答してみた

前回は「世界一周する理由」について整理してみました。

yutoristruggle.hatenablog.com

友達やら同期やらに話すと、「いいね!」という声が出たり、「帰ってきたあとどうするの?」という声が出たり色々。
結局のところ自分の人生を生きるのは自分なので、自分次第だよな〜とか思いながら、


「ここは一度冷静になってみて、世界一周しない理由も考えてみよう」


ということで、書いてみます。

①お金めっちゃかからない?

何をするにしても先立つ物はお金です。世界一周はお金がかかります。ただ、日本で生活していてもお金がかかります。というか贅沢をしない世界一周であれば、東京での1年間の生活費より世界一周の方が安いです。つまるところ、「何にお金を使いたいか?」という、”お金の生産性”が重要で、別にお金がかかることは大して問題ではありません。

②危なくない?

ここでいう危ないは一撃で死ぬリスク、そうテロです。日本にいるよりかはテロに遭うリスクは高いですが、危ないところへ行かなければOKです!

③ずっと旅していたら飽きない?

ずーーーっとしていたら飽きますが、そもそもずっと旅をするわけではありません。ネットで仕事をしながら色々と観て廻る感じです。日本にいても今の生活に飽きるので、さまざまな生活・人・景色に触れた方が刺激的で楽しいはず。

④帰国後どうするの?

そう、これが1番の問題です。世界一周は基本的にキャリアにプラスにはなりません。要はキャリア的に見ると、世界一周期間はブランクになってしまうようです。でもこればかりは仕方ない。旅したいから。
一応、29歳ぐらいまでは通年採用があったり、転職市場でも未経験の業種に行ける最後のタイミングと言われていたり、仕事を探す上で30代よりは恵まれた環境みたいなので、仕事見つからないことのリスクヘッジとして、今のタイミングで行っちゃおうという話になります。
そもそも仕事するために生きているわけでもないので、人生全体で見れば、このタイミングでこれまで歩んできたレールから外れることは悪くないのかなと思っています。

⑤今の職場に迷惑かからないの?

平社員1人抜けてダメージを受けるような職場はマネジメントが悪いので、これは全然気にしない!

まとめ

やりたいことをできるかどうか考えるよりも、やりたいことはやると決めた上で、そこにあるリスクに対して対処していく方が生産的だと思います。
できない理由を探し出したらキリがないので、できるようにしていこうと。
逆に言うと、そこまで考えたり行動を起こせないものは、恐らくそんなにやりたくないことなので、そんなことは明日の朝には忘れた方がベターです。


もし今世界一周をしようかなとか、何か新しいことにチャレンジしようかなと考えている人がいれば、少しでも後押しになれば幸いです。


ここまで読んでいただきありがとうございました!
ではっ!