ゆとりが世界一周を思い立ってから

世界一周にまつわる情報・旅/グルメ情報・本/映画・働き方などについて書いていきます。

SEから営業に異動して感じたこと

今年の4月に営業に異動しました。
とりあえず異動して3ヶ月経ったので、これまでの期間で感じたことを振り返ってみたいと思います。本当にただの雑記です。

■これまでのキャリア

SE → SE・企画兼務 → 顧客営業(今ここ)という感じです。
新卒で大手のSIerに入社して、今年で5年目になります。お客さんはずっと地方銀行。(ここら辺の振り返りも追い追いしたいなと思います)

■今のお仕事

営業といっても、メインのシステムは既に利用してもらっていて、そこから安定的に収益が上がっているので、僕のミッションは「新しいこと」をやること。上述のメインのシステムがレガシーと言われる分野なので、数年後はそれで儲けられるかわかんないよね、フィンテックとか攻めのITと言われる分野で稼がねばいかんよね、ということで、「新しいこと」担当要員として招集されました。明確な数字のノルマは課せれていません。とにかく新しいことやれという感じです。(ここら辺も思うことはあります)

■異動して3ヶ月で感じたこと

①くそみたいなモチベーションしかなかったことに気づく

SE時代は仕事を減らしていくことがミッションでした。決められた納期に対して、やるべきことがあり、それらを消化していく。頑張れば頑張るほど、仕事は減っていき、早く帰れます。空いた時間で標準化したり、ツールを導入したりすると、次回の開発の生産性が上がって早く帰れます。


一方、今のポジションは、仕事を増やしていくことがミッションです。これは、恐らくどの営業にも言えることではないでしょうか。そのため、極端な話、頑張れば頑張るほど仕事は増えていきます。新しいアイディアを出せば、関連部署へのヒアリング、上司のレビューや幹部へのお伺いなど、アイディアを具現化する前段階の調整だけでも一苦労です。


僕にとって「早く帰ること」がモチベーションであり、そのために頑張れていたことに気づきました。決して仕事自体が面白かったわけではありません。また、成長してどうなんの?というところに目標がなかったため、成長することへのモチベーションもあまりありませんでした。


モチベーションなんてどこにあってもいいとは思いますが、理想はやっていること自体に目標があり、そこに向けてモチベーションを見出すことだと思ってます。なんとなくSEの仕事に慣れてきて盲目になってきましたが、僕は地方銀行という分野に一切の興味関心がないということを痛感しました。

②仕事のHowの部分の大切さを知る

これまでの社会人生活の中で、「何をやるか」というWhatの部分が、楽しく仕事をやる上で重要だと思ってきましたが、「どうやるか」というHowの部分が重要だと思うようになりました。


SE時代はチームで仕事を進めていました。「自分の仕事が遅れることで人に迷惑をかけたくない」という思いから頑張れたり、チームメンバーから何かを学んだりと、やっていること自体(What)に全く興味が持てない中でも頑張れたのは、やり方の部分(How)に要因がありました。


一方、今のポジションは個人プレイです。誰かと進めるということが基本的になく、切磋琢磨要素がゼロに等しい。やっていること自体は、「AI」だったり、「FinTech」だったりと興味があるのですが、やり方の部分が個人プレイであることや、やらなかったところで別にどうにもならないし怒られるのも僕一人であることから、仕事をドライブしていくことに対する動機があまりありません。


Whatの部分に目標や興味が持て、Howの部分で切磋琢磨し、学べる環境に身を置けるかということが、大切だと感じました。

③変化があった方が良い

ずっと同じ部署のままだと、その環境に安住し、気づいた時には後悔し、でも背負うものがあり動けないなんてことになっていたと思います。


なるべく若い内にいくつかの経験をすることで、自分のモノサシが増えます。また、実体験を通して、なんとなくイメージしていたことに対して、自分のモノサシを当てることで、そのモノサシをアップデートすることができます。


僕の場合、仕事のどこにモチベーションを見出していたのか、そもそも今のままでいいのかということを測ることができました。

まとめ

実は、異動したことが、世界一周に出ようという決意への重要な材料になりました。


それまで漠然といつかしたいなと思っていたものが、


今のモチベーションで働いても仕方ないということ
20代という(自分的に)リスクが許容される内に変化を経験すること自体が財産になるということ


を感じた結果、1歩踏み出してみようという具体的な決意に変わりました。


正直、世界一周したからといって、何かプラスがあるわけではないと思ってます。キャリアや経済的な側面から考えればマイナスです。ただ、プラスマイナスという考え抜きに頑張れること、頑張っているけど頑張っているとは感じないことをやってみるのもありだなと。そして、僕にとってはそれが旅かなと。


面白い20代と思える20代にしていければと思います。


おしまい